9月5日、無事パリに戻ってきました。

パリでは、サンジェルマンデプレの

アパルトマンホテルに滞在しています。

ホテルから歩いて行ける所で5日から開催されている

レザビヌフのサロン(展示会)に行ってきました。

秋冬物ということで、

ベルベットを使った素材のバッグも多数ありましたが、

かぼちゃトートは、持ち手が革手になっていたり、

サイズが小さいものも登場していました。

もちろん、それらも入荷しますので

楽しみにしていてくださいね!

これは、ベルベットを使ったストールです。

写真では見えていないのですが、

裏面は、シルクのような柄の生地が使われていて、

とても素敵なのです。

コットンのものは、しっとり秋、冬カラー。

新しいものでは、

デニム地を使ったものも。

裏は柄物のパッチワークになっていて、

見えない部分にもこだわりが。

パトリシアが持つとこんな感じ。

バッグの縁が少し折れているのがわかりますか?

少し折って中の生地を見せるデザインなんだそうです。

これは、デニムとリネンのパッチワークトート。

これまでのサックロージーのデザインで、

デニムとコラボしているものもありました。

これは見ているより

持つとさらに素敵でした。

これは小さいサイズのもの。

革手の長さが変えられるので、

ショルダーにもなるし、

トートバッグにもなります。

これは、一見シンプルな厚地リネンのトートバッグのようですが、

中もとっても凝ってます。

そして、パトリシアが着ているブラウスに

気付いていただけたでしょうか・・・(笑)

これは少し前に、

レザビヌフのfacebookページにも紹介されていたもの。

裾がふわっと広がるデザインで、

とってもかわいいのです。

たまたまこの日、パトリシアは、

黒のベストと合わせるという

上級コーディネート。

ミセスが着ても素敵に着こなせるという

最高にいいお手本です。

これも3色色違いで入荷します!

クッションもいろいろ入荷しますが、

これは新しいデザインのもの。

じつはこれ、

座面と背もたれが革で連結されています。

厚地リネンと連結部分の革がシンプルな

座椅子のようなクッションです(笑)

レザビヌフのアイテムは、

革から生地まで、すべてアンティーク素材が使われていますが、

それをデザイナーのパトリシアが

ここにしかない特別な魅力あるものに創り上げています。

お茶かコーヒーを飲むかと聞かれて

お茶をリクエストしたら、

急須とマグで

とても素敵にサービスしてくれました。

日本風・・・ですね(笑)

今日は日帰りでルクセンブルグに行ってきます!

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·
Plume d’ oieについて
plume d' oie

Plume d' oie

フランス雑貨を取り扱っております。


Plume d' oie ホームページはこちら


Plume d' oie Facebookはこちら
Plume d' oie Instagramはこちら


OPEN 11:00 am ~ 6:00 pm

CLOSED 水曜日、日曜日

〒631-0036 奈良市学園北1-11-9

Tel 0742-41-0101


Calender
2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031