今日は、空気が春でした。一歩一歩、春が近づいてきている感じ。オリーブリル・シュル・ラ・ソルグのマルシェにて。オリーブ私にとってオリーブは、食べて「おいしい!」と思えるものではないのですが、マルシェで見かけると、すごく気になる存在。(笑)このかわいい実が好きなんだと思う。オリーブずらりと並んだ色とりどりのオリーブの実、後ろの青いトラック、おそろいの赤いベスト、まるで計算したかのよう・・・。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

クリスチャンヌ ペロション春の声も、もうすぐそこに・・・3/3~3/15まで、「クリスチャンヌ ペロションの器」を開催いたします。イタリアのトスカーナにあるアトリエから届くペロションさんの器は、薄く繊細なのに、とても丈夫。ぜひこの機会に、ゆっくり手にとってご覧くださいませ。francjour NARAで ひと足早い 春の訪れを。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

春色

25/02/2008

コテ バスティド ベッドキルト先週は、ポカポカと春を感じるいいお天気の日もあったのですが、週末は、また寒さが戻り、粉雪が舞い散る奈良でした。これをまさに三寒四温というのですね。春を待つ気持ちをこめて、やさしいピンクの商品を集めてみました。コテ バスティドベッドキルト、、ピンクワッフルトワレバッグ、コットンワッフルスリッパ、花柄クッションカバー

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

LIBECO HOME

20/02/2008

リベコ キッチンリネンLIBECO HOME(リベコホーム)のキッチンリネン、テーブルランナー、テーブルクロスなどいろいろ入荷しています。写真のものは、他ではあまり見かけない黒のモノトーンチェックです。*リベコ キッチンリネン parma 93%linen-7%cotton 67×67㎝ ベルギー製  1,995円

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

「Les Habits Neufs」(レ ザビ ヌフ)のバッグ「Les Habits Neufs」(レ ザビ ヌフ)のバッグプロヴァンス滞在中の週末の日曜日、アヴィニョンからバスに乗ってリル・シュル・ラ・ソルグの町を訪れました。この町には、いたるところにアンティークショップがあり、7つのアンティーク村もあるとか。さらに日曜日には運河沿いにブロカントやマルシェの露店が並び、シーズンオフのプロヴァンスとはいえ、買い物をする人たちで、結構にぎわっていました。残念なことにお値段はちょっと高め。でも、せっかくなので値段交渉をしながら、いくつかのブロカントをゲット。そのリルの町の運河沿いに「Les Habits Neufs」(レ ザビ ヌフ)という素敵なお店があります。そのお店に置かれたアンティーク家具の間には、コテ バスティドのフレグランスがディスプレイされていたり、アンティークの布をリメイクしたというバッグや洋服がたくさん並んでいます。お店のオーナでありデザイナーのパトリシアが、古い布で作り出す商品には、すばらしい魅力にあふれていました。数ある商品の中から選んだのが、↑この写真のバッグ。ヴィンテージの布に特殊な加工(パトリシアによると、企業秘密だそうです (笑))を施してあるこのバッグは、使い込むほどにやわらかくなっていくそうで、実際、パトリシアがこれと同じバッグを使っていたので見せてもらったのですが、使い込まれてくたっとした生地が、とてもいい感じでした。アンティークの布なので、世界にひとつしかない一点ものというのも魅力です。ちなみにこの白いバッグは、南仏ニースの白が大好きだというジャクリーヌ・モラビトのお店にも並んでいるそう。お色違いで、黒もあります。ぜひ一度、お店で手にとってご覧くださいね。このバッグの詳細はメール、電話でお気軽にお問い合わせくださいませ。メール:tt@francjour-nara.com|電話:0742-41-0101

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

奈良では、2月9日の雪がうそのように連休の2日、3日目は気持ちよく晴れました。「家庭画報」やブログを見て下さったという方々も、たくさん足を運んで下さり、本当にありがとうございます。新しい商品もいろいろと入荷しております。こちらでも少しずつ、紹介していきますね。みなさま、またぜひお立ち寄り下さいませ。ユゼスの朝市フランスでは、あちこちで愛犬を連れた人に出会います。ここユゼスの朝市でも、たくさん見かけました。ユゼスの朝市なぜかフランスで見かける犬が、「ワンワン」と吠えているのを聞いたことがないような気がするのですが、それって、私の気のせい???

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

雪化粧

10/02/2008

雪景色今日の奈良は雪でした。何年かぶりの積雪。それにしても、ここまで積もるとは・・・。雪景色お店の前の植木鉢のオリーブの枝も、雪で重そうです。こんな日は、前を通る車もそろそろ運転。明日の天気予報は、「晴れのち曇り」。連休2日目の奈良はいかに・・・。CAFEのクリスタルポプリコテ バスティドの「CAFEのクリスタルポプリ」が入荷しました。ふわっとやさしいコーヒーの香りです。コーヒーが好きな彼やご主人へのバレンタインの贈り物にいかがですか?

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

ユゼスの朝市プロヴァンスとはいえ、やはりこの季節はまだまだ寒く、「南仏は、19℃くらいはあるかも」なんて期待は、すっかり裏切られてしまったのでした。それでも市場のあちこちで、きれいなミモザが見られました。鮮やかな黄色が一足早い春を感じさせてくれます。ユゼスの朝市ユゼスの朝市ユゼスからアヴィニョンに戻る途中、クストレ村のラべンダー博物館に立ち寄りました。そこで買ったラベンダー石けんをお店でお買い上げいただいた方へのお土産プレゼントにしています。とてもいい香りなので、引き出しなどに入れて香りを楽しんでみてくださいね。ラベンダー石けん

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

昨日2月5日、無事帰国しました。お店は、明日2月7日より平常どおり営業いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。今回は、parisでの見本市の後、プロヴァンスのアヴィニョンまで足を延ばしました。4日間のアヴィニョンレポも少しずつアップしていきたいと思います。毎週土曜日の朝、アヴィニョンから車で1時間ちょっとのユゼスという街で開かれるという朝市へ。お花、果物、野菜・・・、色とりどりのプロヴァンス特産品が並ぶ朝市では、かごを持って買い物に来る地元の人たちで、にぎわっていました。ユゼス近辺は、フランスでも有数のトリュフ生産地ということで、トリュフのお店も。ユゼスの朝市ユゼスの朝市ユゼスの朝市ユゼスの朝市

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

2月1日、そう広くないアヴィニョンの街を一日かけて散策。アヴィニョンサン・ベネゼ橋「アヴィニョンの橋で踊ろうよ、踊ろうよ・・・」の童謡で有名な「サン・ベネゼ橋」。かつては、22のアーチがあったというこの橋も、今では4つのアーチを残すだけ。このローヌ川では、無料のナヴェット(船)によるミニクルーズが楽しめるのですが、残念ながら、この季節は夕方6時まで。ナヴェット同じナヴェットでも、こちらは船の形をしたプロヴァンス地方の銘菓「ナヴェット」。街のお菓子屋さんで・・・。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

アヴィニョン シャンブルドット1月31日午後、parisを後にし、プロヴァンスのアヴィニョンへ。エアーフランスのストが心配されましたが、特にトラブルもなく無事到着。素敵なマダムが経営されているシャンブルドット(民宿)からの更新です。

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·
Plume d’ oieについて
plume d' oie

Plume d' oie

フランス雑貨を取り扱っております。


Plume d' oie ホームページはこちら


Plume d' oie Facebookはこちら
Plume d' oie Instagramはこちら


OPEN 11:00 am ~ 6:00 pm

CLOSED 水曜日、日曜日

〒631-0036 奈良市学園北1-11-9

Tel 0742-41-0101


Calender
2008年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829