まだ、人が少ない、朝のレーマー広場

フランクフルト最終日は、月曜日ということで、

行きたかった美術館も残念ながら休み

そこで、大聖堂を見物したあと、

ゲーテハウスに行ってみました。

ゲーテの生家が

当時のままを残して展示されていました。

ゲーテは、相当裕福だったようで、

調度品や絵画などから、

その生活を垣間見ることができました。

当時のボビンレースも

ドイツの料理は、もう十分堪能したので、

何か違うものを食べたい!

(一番食べたいのは日本のごはんだけど)

たまたま、レーマー広場からそう遠くないところに、

ちょっとおしゃれなカフェを見つけ、入ってみることに。

 来ている人もおしゃれ、お店の人もおしゃれ、

なんだか、パリのメルシーのようなお店。

ワンコも普通に店内にいて、

頼むとワンコ用のお水も持ってきてくれるみたいでした。

(日本のショコラはどうしてるかな・・)

リングイネ ラグーソースと

イカとポテトのフリット、サラダ添え。

どちらも美味しくて、ほぼ完食。

おかげで、夕食時になってもお腹が空かず、

夕食抜きで20時に就寝。

そう、まだ時差ボケなんです・・・w

· · · ◊ ◊ ◊ · · ·

フランクフルト滞在も残すところ1日、

9月2日にパリへ移動するので、

予備日の今日は、スーパーへ行って、

ドイツらしいお土産も探してみたいと思います。

ここは、展示会場の休憩スペースですが、

植物園さながら、凝った設えになっていて、

隣のカウンターでサンドイッチを買って食べるもよし、

カフェで一息するのもよし、

歩き疲れた時の砂漠のオアシスです。

この日のランチは、バゲットミラノ、

ってどこがミラノ風か・・・

生ハム、トマト、チーズにバジル。

味は、✩✩✩。

ここドイツの展示会場も

やはり、どこもクリスマスモード。

あえて、好みのツリーを集めたというわけではなく、

シルバー、ホワイト、ガラス、時々ゴールドなツリーを

多く目にしました。

オーナメントを使ったこのディスプレーは、

家庭のクリスマスディスプレーにも取り入れやすいですね。

様々な形のオーナメントでも、

色を統一したら、とても素敵になりそうです。


· · · ◊ ◊ ◊ · · ·
Plume d’ oieについて
plume d' oie

Plume d' oie

フランス雑貨を取り扱っております。


Plume d' oie ホームページはこちら


Plume d' oie Facebookはこちら
Plume d' oie Instagramはこちら


OPEN 11:00 am ~ 6:00 pm

CLOSED 水曜日、日曜日

〒631-0036 奈良市学園北1-11-9

Tel 0742-41-0101


Calender
2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930