デコレーションソープ、他が入荷しました

fp06

プロヴァンスのメーカー

mas du roseauのデコレーションソープ、他が入荷しました。

シェルや魚・・・などといった

海をイメージした形のソープも多く、

これからの季節、お部屋やバスルームなどで

爽やかなしつらえをしていただけるのではないでしょうか。

mas du roseauの石鹸は、

植物性天然成分を使用するといった原料にもこだわり、

100%フランスで手作りされています。

エッセンシャルオイル配合のデコレーションソープは、

自然の香りが心地よく、

飾って楽しんでいただいた後は、

普通の石鹸としてお使いいただけます。

100%オリーブを使用した石鹸は、

ロープ付ですので、

吊るしてご使用いただくと、

水切れもよく、長持ちします。

今回は、weckのガラス瓶に入った

ローズ、オレンジフラワーの

香りのキャンドルも入荷しました。

オイルサーディンを模した魚形のソープなどは、

ちょっとしたプレゼントにも♪

Online shop[from provence]にアップしました。

どうぞご覧くださいませ。

ラベンダーボールキーホルダーが入荷しました

005a

南仏産のラベンダーにこだわり、

それらを100%使用し、

南仏のアトリエで一つひとつ手作りされている

ラベンダーボールキーホルダーが入荷しました。

南仏産のラベンダーは、

香りが長持ちするとのこと、

a047

ワイヤーキーリング付ですので、

車の鍵や家の鍵などに付けていただくと、

車の中や持ち運ぶバッグの中で、

自然のラベンダーの香りが

ほんのり香り、

サシェとしての役割も・・・

p1

シックな色合いのリボンのみを

集めてみました。

Onlien shop[from provence]でご紹介しています。

どうぞご覧くださいませ♪

新着商品のご案内

NA1

下記、新着アイテムをオンラインショップにアップしました。

Online shop

[from provence]

[kitchen]

[from provence]には、オリーブの木製品を追加アップしました。

また、[kitchen]では、北欧デンマークから入荷した

キッチン雑貨のほか、

ジャクリーヌ・モラビト、デザインによる

イタリアでハンドメイドされている食器類、

ブランディヴォワールのディナープレートも

アップしました。

どうぞご覧くださいませ。

プロヴァンスより、オリーブの木製品が入荷しました

olive01

先日、南仏で買い付けましたオリーブの木製品が

たくさん入荷しました。

olive02

5月の南仏は、暑すぎず、ちょうど心地の良い気候で、

この日も晴天に恵まれ、

広い敷地内にあるオリーブ工房を訪ねました。

olive04

こちらが、作業場で

olive09

こちらは、ストックルーム。

ほかにも、まだまだもっとたくさんのアイテムが揃っていました。

その中から、1点1点手に取って選んだものが

今回入荷したアイテムです。

olive08

むかって右端のムッシューが、ここの工房のご主人です。

olive07

おうちのテーブルにも、使い込まれて、

いい色になったオリーブ木製品が。

ハーブティーをご馳走になるのに、

お湯を入れて持ってきてくれた南仏陶器のジャグの

オリーブ模様もかわいくて・・・

フランスの人たちは、

さりげないジャグ使いが上手いですね。

見習いたい暮らしの習慣です。

olive03

広いお庭には、大きなオリーブの木や

ハンモックがあったり、

olive010

食事のテーブルがあったり。

外での、家族や友人との食事は、

すばらしい風景と空気が、何よりのご馳走ですね。

毎日がヴァカンスのようで羨ましいです。

olive011

オリーブの木製品は、同じアイテムでも

木目などが1点1点違うため、

今回入荷したアイテムすべてを

一度に写真に撮るのは難しいため、

少しずつ、追加アップしてまいります。

店頭では、一度にご覧いただけますので、

お近くの方は、ぜひ実際に手に取ってご覧ください♪

Online shop[from provence]

オリーブの木製品が入荷しました

オリーブ木製品が入荷しました。

fp003

オリーブのカッティングボードは、

まな板として使用する場合、

大きめのサイズが使いやすく人気がありますので、

今回は、少し大きめサイズのものが入荷しました。

自然の木の形をそのまま生かして仕上げられています。

オリーブの木は、とてもかたいので、

まな板としても使いやすく、

またとても丈夫です。

チーズやパンを切って、

そのままテーブルに出して、

プレートのように、お使いいただいても。

fp001

スパチュラは、カーブのあるものが加わり、

2種類入荷しました。

木製ですので、お鍋の傷を気にすることなくお使いいただけます。

ジャム作りや炒め物などに。

fp005

また、大皿などの料理を取り分けたり、サーブする際に便利な

サービススプーンも2種類入荷しました。

スプーンの面が広いので、

サラダなども取り分けしやすいので、

2本使用して、

サラダサーバーとしてお使いいただいても。

fp004

すり鉢は、3サイズ入荷しました。

少量のものをすり潰して頂く際には、

こんなミニすり鉢も使いやすく、

たとえば、粒胡椒を砕いていただき、

そのままテーブルにサーブしていただくと

挽きたての香りを楽しんでいただけるのでは・・・

fp002

ジャムやはちみつをすくったり、

1本あると便利なミニスプーンは、

先の尖ったものが初めて入荷しました。

Online shop[from provence]にアップしました。

どうぞご覧ください。

オリーブボードが入荷しました

FP01

南仏の工房に特注してあった

1枚板の

Lサイズオリーブボードが入荷しました。

オリーブの木が太く大きく成長するには

それだけ年月がかかるため、

直径の大きなものほど、高価にはなりますが、

長い年月を経てあらわれる

自然の木目は大変美しく、

大切にお使いいただくと

一生ものとして、ずっとご愛用いただけるのでは・・・

うちには、レザビヌフのパトリシアに譲ってもらった

古いオリーブ雑貨が2つあって

FP02

ひとつはこれで、

レモン絞りらしいのですが、

かなりかなり古くて、さすがにレモンを絞ったことはないですが、

今はオブジェとして楽しませてもらっています。

FP03

もうひとつは、この大きなボウル。

キッチンに置いて、キッチンリネンを入れてある時もあれば、

クロゼットでスカーフやマフラーを入れてみたり・・・

これも、まだまだ現役。

オリーブの木は固いので、

包丁のあたりも良く、

まな板としても、とても使いやすいだけでなく、

チーズやオードブルをのせてプレートとして

テーブルにサーブしていただいたりと

いろんな場面でお使いいただけたら・・・

1枚1枚違う、オリーブのカッティングボードと

カッティングボードラックをアップしました。

どうぞご覧下さいませ。

Online shop[from provence]

オリーブのエッグスタンドとエッグノッカー

FP008

南仏から届くオリーブの木製品に

新しく加わった、このエッグスタンド。

日本の朝食の卵料理は、

目玉焼きやスクランブルエッグが主で

このエッグスタンドはまだそれほど普及していないのかなと思います。

私も美味しい半熟玉子の食べ方は

フランスで覚えました。

とろりと半熟に茹でた玉子をスプーンですくいながら食べるというもので、

その際必要なのが、このエッグスタンド。

陶器やシルバーのものなど・・・

いろんな素材や形のものがありますが、

オリーブの木は固くてとても丈夫なので、

日常使いには最適です。

FP009

この半熟玉子を食べるときに、

殻の先端を切り落とすための道具が

この「エッグノッカー」。

こんなふうに、玉子に帽子をかぶせるようにのせて

FP010

黒い球を上にめいっぱい引き上げたら、

球から手を離します。

FP011

そうすると、玉子の殻に衝撃が加わり、

殻の先端に丸くヒビが入ります。

そのヒビの入ったところをナイフかスプーンで切り落とせば、

きれいに丸く殻の先端をカットできるというもの。

FP013

ヒビのはいっていない

ツルツルの殻の先端を切り落とすのは、

これが案外難しいので、

最初にこれを知った時は、目からうろこでした。

何より、この形がかわいいし、

テーブルで楽しく盛り上がれるのが気に入っています。

お好みにもよりますが、

私は、だいたい4分くらい茹でたものが

固すぎず柔らかすぎず、ほどよい半熟玉子で好きです。

塩をかけて、そのままスプーンですくって食べても美味しいし、

カリッと焼いたトーストにつけて食べても!

FP014

↑パリのラデュレでボイルドエッグを注文すると

拍子木のようにカットされたパンが添えられて出てきます。

オリーブエッグスタンド、エッグノッカーを

オンラインショップに追加アップしました。

どうぞご覧くださいませ。

Online shop[from provence]