オリーブのエッグスタンドとエッグノッカー

FP008

南仏から届くオリーブの木製品に

新しく加わった、このエッグスタンド。

日本の朝食の卵料理は、

目玉焼きやスクランブルエッグが主で

このエッグスタンドはまだそれほど普及していないのかなと思います。

私も美味しい半熟玉子の食べ方は

フランスで覚えました。

とろりと半熟に茹でた玉子をスプーンですくいながら食べるというもので、

その際必要なのが、このエッグスタンド。

陶器やシルバーのものなど・・・

いろんな素材や形のものがありますが、

オリーブの木は固くてとても丈夫なので、

日常使いには最適です。

FP009

この半熟玉子を食べるときに、

殻の先端を切り落とすための道具が

この「エッグノッカー」。

こんなふうに、玉子に帽子をかぶせるようにのせて

FP010

黒い球を上にめいっぱい引き上げたら、

球から手を離します。

FP011

そうすると、玉子の殻に衝撃が加わり、

殻の先端に丸くヒビが入ります。

そのヒビの入ったところをナイフかスプーンで切り落とせば、

きれいに丸く殻の先端をカットできるというもの。

FP013

ヒビのはいっていない

ツルツルの殻の先端を切り落とすのは、

これが案外難しいので、

最初にこれを知った時は、目からうろこでした。

何より、この形がかわいいし、

テーブルで楽しく盛り上がれるのが気に入っています。

お好みにもよりますが、

私は、だいたい4分くらい茹でたものが

固すぎず柔らかすぎず、ほどよい半熟玉子で好きです。

塩をかけて、そのままスプーンですくって食べても美味しいし、

カリッと焼いたトーストにつけて食べても!

FP014

↑パリのラデュレでボイルドエッグを注文すると

拍子木のようにカットされたパンが添えられて出てきます。

オリーブエッグスタンド、エッグノッカーを

オンラインショップに追加アップしました。

どうぞご覧くださいませ。

Online shop[from provence]

オリーブのすり鉢

オリーブのすり鉢(乳鉢)が入荷しました。

どっしりと重く安定感があるもので、

これだけの大きさのものは珍しく、

南仏の工房に特注したものです。

サイズをイメージしやすいように、

ハガキを横に置いて撮ってみました。

FP005

京都通の友達に

菊乃井の煎り胡麻が美味しいよと教えてもらったので、

せっかくだから、

すり鉢を新調しようと、いろいろ探してみたものの、

なかなか気に入ったものが見つからず・・・

FP006

そこで思いついたのがこのオリーブのすり鉢でした。

溝はありませんが、胡麻も美味しくすれます。

すりこぎも大きいので、

ナッツ、にんにく、ハーブ、スパイス・・・

たいていのものは、すりつぶせます。

オリーブ木製品の魅力でもある

形や木目の表情が一つひとつ違い、

使えば使うほどに愛着がわきそうなすり鉢です。

FP007

さっそく菜の花で胡麻和えを。

ほろ苦い春の味ですね。

その他、塩入れ、穴あきスプーン、スープスプーン、

ワイン栓、スパチュラ・・・なども再入荷しました。

どうぞご覧くださいませ。

Online shop[from provence]